VR動画と連動できるオナホ3種類まとめ【その他必須アイテムも】

アダルトVR

「VRのAVと連動して動くオナホってどれ?」

「VRの動画見ながら電動オナホも動かしたいんだけど…」

「どのオナホがVRも見れて連動もするの?」

 

VRのエロ動画の究極の形といえばオナホとの連動。

ただすべてのオナホ、電動オナホがこれに対応してるわけじゃありません。

ここではVRのエロ動画との連動に100%対応しているオナホを3つ紹介します。

  • VRのエロ動画と連動できるオナホは3つ
  • 他サイトではオススメされてるけど微妙なオナホ
  • VRと連動するためにオナホ以外で必要なもの

この辺りもまとめました。

これからVRとオナホの連動に挑戦しようという人は見ていってください。

VR動画と連動できるオナホ3種類まとめ

ということでVRのエロ動画と連動できるオナホはこの3つになります。

  1. A10サイクロンSA
  2. A10ピストンSA
  3. ROCKET+1D

今後新しいものができた場合は随時追加していきますが2020年4月現在だとこれだけ。

どれもかなり高スペックな電動オナホになってますよ。

A10サイクロンSAの特徴、詳細

価格21890円
タイプ左右の回転式
回転パターン7×7種類
ホール種類15種類

まず1つ目がこのA10サイクロンSAというオナホ。

これはおそらく一番初めにVRとの連動ができるようになったホールになります。

A10サイクロンSAは上下に扱くタイプの動きではなく、左右の回転になっているのが特徴。

普通のオナニーやセックスじゃありえない動きなのでかなり新感覚を味わえるでしょう。

7種類のスピードとパターンがあるので色々な回転の仕方で搾り取ろうとしてきます。

発売から数年経った最近ではリニューアルされたA10サイクロンSA+PLUSというバージョンも発売して人気が再燃しています。

専用の付け替えホールもいまだに出ていて、長い間楽しめるオナホールになるでしょうね。

A10ピストンSAの特徴、詳細

価格43780円
タイプピストン式
ピストンパターン7×7種類
ホール種類11種類

2018年に発売された最新のVR対応オナホがこのA10ピストンSAです。

これは先ほどのA10サイクロンSAと違って上下に扱くピストン式。

普段のオナニーと刺激の種類が同じなので気持ちよくなれない、ということが起こりにくく、スッとなじむことができるでしょう。

ピストン式といっても他の電動オナホと違うレールポジション式というものを採用しているのも特徴です。

これによって、

  • 音が小さくなる
  • 振動が細かく、繊細になる
  • 低速度でも丁寧に動く

これらのメリットがあります。

要はさらに気持ちいピストンができるようになったということですね。

これもA10サイクロンSAと同じく続々付け替えホールが出ているのでかなり長い間楽しめるでしょう。

ROCKET+1D

価格7480円
タイプバイブ、振動式
振動パターン3×2種類
ホール種類1つ

3つ目はROCKET+1Dというオナホール。

これも電動オナホでVRと連動させることができるんです。

ただ、オナホといっても扱いたり回転するわけじゃなくてバイブでの振動が刺激になっています。

竿全体をがっちりをつかみ、亀頭の裏側にある部分が特に強く振動します。

小型でシンプルな作りになってることもあり値段はかなり抑えめです。

パターンは5パターンありますが上の2ホールと比べると連動時のバリエーションも少し少なくなってしまいますね。

⇒ROCKET+1Dの購入ページを見る

VR動画的には微妙…なオナホ達

ここまで3つのオナホを紹介しましたが、これ以外にも連動するオナホはあります。

でもVR非対応だったり連動性能が微妙なんですよ。

ここでは使えなくはないけどちょっと足りない電動オナホも紹介していきます。

  • Fancy Lover:電動オナホール
  • ischro

それがこの2つ。

これらを検討していた人はちょっと注意してみて下さい。

Fancy Lover-音声連動だから完璧じゃない

まず1つ目がこのFancy Loverというメーカーが出してるオナホ。

これは一応VR動画との連動機能自体はついてるんですよ。

こんな感じでVRの映像とリンクしてオナホが動くようになってます。

ただ、このオナホの動きのパターンが少ないのがデメリット。

最初から決められた10個のパターンを音声の強弱に合わせて選ばれる、という感じなんです。

しかし最初に紹介した3つのオナホは音声ではなくデータ上の信号に合わせて連動してくれます。

Fancy Lover:音の大きさに応じて10個のパターン

冒頭の3種類:信号に応じて強弱が選択

ずっと女優が大きな声であえぎ続けてるとずっと同じ動きになっちゃうんですよ。

一応連動はしますが質としてはちょっと落ちるかなというところでこっちで紹介しました。

⇒Fancy Lover製電動オナホを見る

isychro-VRなし、動画数少ない

次はisychroというオナホ。

これは電動オナホで動画と連動する機能もあるんですが残念ながらVR動画は非対応なんです。

すごい小型で専用の動画サイトもあるくらい力を入れてるんですがVR動画が見れないということでこちらにエントリー。

ピストンも回転もできるだけにちょっと残念です。

連動だけならこれでもいいですがVRを見ながら連動ということを考えると惜しいオナホになります。

⇒isychroの購入ページを見る

オナホ以外にVR連動に必要なもの

VR動画との連動にはオナホ以外にもいろいろと必要です。

これから始めるためにオナホを買う人はこっちも併せてそろえておくとサッと始められますよ。

  • 専用のアプリ
  • ヘッドマウントディスプレイ(HMD)
  • 連動信号が入ったエロ動画

それがこの3つです。

まだ持ってないな…という人は確認していきましょう。

専用のアプリ

まずは専用のアプリが必要です。

これはVRのエロ動画の再生するプレーヤーの役割を果たします。

このアプリ上で再生することでその映像に埋め込まれた信号がオナホと連動できるわけです。

そのアプリが「Dimenntion Player」というもの。

A10サイクロンSA アプリ

これですね。

スマホやパソコン、HMDに対応してるのでどのデバイスからもインストールできますよ。

上で紹介した3つのオナホは全部このアプリで対応できるのでとりあえず入れておくといいでしょう。

インストールは無料なのでゲットしておいて損はありません。

ヘッドマウントディスプレイ(HMD)

2つ目はヘッドマウントディスプレイです。

これは頭にかぶってVRの映像を見るために必要だからです。

HMD

よく見るこれです。

VRのエロ動画ではこの中でネットにつないで上のアプリをインストールするというのが下準備になります。

結構高額なイメージもありますが種類によっては1000円程度で買えるものもあるので探してみてください。

価格別にHMDをまとめたのでこれから決めるという人はこちらも参考にどうぞ。

連動信号が入ったエロ動画

そして3つ目は連動信号が入ったAV、エロ動画です。

この信号が入った動画じゃないと連動してくれないからです。

よくある勘違いとしてただVR対応の動画を買って、それを再生すればOKだ!というものがあります。

でもこれだと連動信号が入ってないのでただVR動画を見てるだけになるんですよ。

  • 信号なし:VR動画とオナホは個別に動く
  • 信号あり:VR動画の女優とオナホがリンクして動く

なのでFANZA(旧DMM)とかでVR動画買って始めようとしてる人は要注意です。

この信号が入ったVR動画はアダルトフェスタというサイトでしか現在購入できません。

アダルトフェスタ

⇒アダルトフェスタを見る

ここですね。

+1Dというのが連動する信号の規格で、それとVRが合わさったものであれば連動しつつVRも楽しめます。

数千種類の動画があるので気になるものをピックアップしておくといいでしょう。

【まとめ】VR動画と連動できるオナホール

■VRエロ動画と連動できるオナホ

  1. A10サイクロンSA
  2. A10ピストンSA
  3. ROCKET+1D

ここまでのオナホはこんな感じになります。

どんなオナホでもVRと連動できるわけじゃなくて、限られてるものだけだということが分かったでしょうか。

オナホ単体でも評判のいいものばかりなのでぜひ検討してみてくださいね。

⇒ROCKET+1Dの購入ページを見る

コメント