A10サイクロンSAとA10ピストンSAの主な違いは5つだけ

A10サイクロンSA

「A10サイクロンSAってA10ピストンSAと何が違うの?

名前すごい似てるしどっちが新型、旧型とかあるのかな。

もし劣化版の方買って損するの嫌だし事前に何が違うか知っておきたい…」

 

この2つって名前も見た目も結構似てるので何が違うかわかりにくいですよね。

ここではA10サイクロンSAを買ってA10ピストンSAの購入も現在検討してる僕がその違いをまとめました。

  • A10サイクロンSAとA10ピストンSAはサイズがかなり違う
  • 新型と旧型という関係ではない
  • 動画連動できるところは一緒

この辺りについて解説していきます。

どっちを買おうかな…と悩んでる人はそれぞれの強みが分かる内容になってますよ!

A10サイクロンSAとA10ピストンSAの違いはどこか

まず前提としてこの2つは新型、旧型という関係ではありません。

それぞれ全く別のオナホから派生して進化した電動オナホールなんです。

  • A10サイクロン⇒A10サイクロンSA
  • A10ピストン⇒A10ピストンSA

こんな感じの進化です。

なのでどちらかというと姉妹機に近い間柄なんですね。

ということで一方が劣化版とかそういうことではないので安心して下さい。

そしてこの2つのオナホには大きく分けて5つの違いがあります。

  • サイズ・重さ
  • 回転の種類
  • ホールの種類
  • 充電方法
  • 価格

ここだけ把握しておけばこの2つの違いはバッチリ理解できますよ!

サイズ・重さ

まず大きな違いの1つ目がそのサイズと重さです。

A10サイクロンSAA10ピストンSA
全長29.3センチ36.2センチ
全幅11.6センチ17.0センチ
高さ11.6センチ14.2センチ
重さ1410グラム2340グラム

全体的にA10サイクロンSAよりA10ピストンSAのほうが大きく重くなっています。

特に重量は1キロも重いということで相当な重さになってますね。

A10ピストンSAとA10サイクロンSA

⇒こちらより引用

重さの影響で電動の動きでもぶれない安定感を得ることができます。

ただその分手で押さえるしんどさが増えるデメリットも。

この辺りはあなたの好みによって決めるといいでしょうね。

回転の種類

2つ目は回転の種類です。

これは回転のレパートリーということではなくタイプの違いですね。

  • A10サイクロンSA:左右の回転
  • A10ピストンSA:上下の動き

この違いになってます。

名前のサイクロンとピストンというのはこの動きの違いになってるんです。


動画で見ると結構違うのが分かります。

この動きの違いで気持ちよさが全然違ってくるのであなたの好きな方を選ぶといいですよ。

ホールの種類

3つ目はホールの種類の違いです。

カップにホールをはめて本体にセット、というシステムは同じなんですがホール自体は全くの別物です。

・A10サイクロンSA

A10サイクロンSAホール

・A10ピストンSA

A10ピストンSA

見た目だけでも結構違うのが分かります。

種類も、

  • A10サイクロンSA:13種類
  • A10ピストンSA:8種類

種類も発売時期が古いことでA10サイクロンSAのほうが多くなっています。

それぞれ回転とピストンの動きに最適化された膣内になってるので使いまわしはできないということですね。

充電方法

4つ目は充電方法の違いです。

・A10サイクロンSA

A10サイクロンSA充電ケーブル

・A10ピストンSA

A10ピストンSA充電

バッテリーへ充電することは同じなんですが方法が少し違うということ。

  • A10サイクロンSA:microUSB(タイプB)
  • A10ピストンSA:家庭用のコンセント

A10ピストンSAのほうが便利ではありますが汎用性がないので壊れたら専用のものを買わないといけません。

A10サイクロンSAは少し手間ですが通販でも変わりがすぐ見つかるメリットがあります。

このように充電のやり方もこの2つの違いになっています。

価格・値段

そして最後5つ目が価格の違いです。

同タイプの電動オナホなんですが価格に結構な差があるんです。

  • A10サイクロンSA:21890円
  • A10ピストンSA:43780円

A10ピストンSAはA10サイクロンSAの2倍以上の価格になっています。

最新作なのと相当な機能を詰め込んでるのでこんな価格になってます。

最高級を求めるならピストン、そこまではっていう人はサイクロンを選ぶといいでしょう。

A10サイクロンSAとA10ピストンSAで一緒のところ

ここまではそれぞれのホールの違いについてまとめました。

ただこの2つは違うところばかりではなく同じ部分もいくつかあるんです。

  • 動画連動機能
  • 操作方法
  • セット、着脱方法

それがこの3つです。

「ここが大事なんだよ!」というものが当てはまる人はしっかり確認していきましょう!

動画連動機能

まずは動画の連動機能です。

この機能はエロ動画を流すとその女優の動きに合わせてホールが動く、という機能のことです。

これは両方ついてるんですね。

A10サイクロンSA動画連動

やり方も、

  1. 専用アプリをDL
  2. 連動できる映像を用意
  3. スマホとオナホとつなげる

この流れでどちらも再生ができます。

なので動画連動を目当てにしてる人はどちらでも問題ないということになります。

操作方法

2つ目の同じ場所は操作方法です。

  • 本体付属のボタン
  • 専用アプリのコントローラー

この2つになります。

どっちのオナホもこのどちらかで操作することになります。

アプリはこちらの「Dimention Player」を使います。

これを無線で接続して操作するわけですね。

操作が難しいんじゃないかなと悩んでる人は特に問題ないので安心してください。

セット、着脱方法

3つ目はホールのセットや着脱の方法です。

これはどちらのオナホも、

  • 専用ホール
  • ホールを入れるカップ
  • 本体

この3に分解できます。

カップにホールをはめるシステムも同じなので姉妹っぽさが出てますね。

・A10サイクロンSA

A10サイクロンSAカップ

・A10ピストンSA

A10ピストンSAカップ

なのでどちらかを持ってる人はスッとシステムになじめるかなと思います。

掃除もかなり簡単になるシステムなので使う側としてはありがたいですね。

【まとめ】A10サイクロンSAとA10ピストンSAの違いは5つ

■2つの違い

  • サイズ・重さ
  • 回転の種類
  • ホールの種類
  • 充電方法
  • 価格

■2つが一緒のところ

  • 動画連動機能
  • 操作方法
  • セット、着脱方法

A10サイクロンSA、A10ピストンSAの違いをまとめるとこうなります。

それぞれ何がどう違うのかよく分かったでしょうか。

2つとも上位互換、下位互換という関係ではないのであなたの好みに応じて選びましょう!

A10サイクロンSA+PLUSの購入はこちら

A10ピストンSAの購入はこちら

コメント