快感増幅ウレタンヒップをレビュー【販売店価格や使えるオナホなど】

オナホ全般

「ウレタンヒップってどんなオナホが使えるの?」

「どの体位でもイケる?」

「ウレタンヒップを一番安く買う方法って?」

手持ちのオナホを手軽に固定化するのに重宝する快感増幅ウレタンヒップ。

ただ形や機能が特殊なので中々事前に確かめるのは難しいところです。

そこで実際に買ってみました!

ウレタンヒップを買ってみて1か月ほど使ってみたんですよ。

といういうことでここではウレタンヒップの価格や使い心地などをまとめました。

  • ウレタンヒップの最安値価格とは
  • ウレタンヒップに使えるオナホのサイズ
  • ここがイイ!悪い!?

この辺りを解説しています。

これから購入しようか迷ってる人はぜひ見ていってください!

動画でも紹介してるので動いてる感じが知りたい人はこちらもどうぞ。

ウレタンヒップの基本スペック

ということでまずはウレタンヒップのスペックから紹介。

  • 全体のサイズ感
  • 重量
  • 素材

この辺りをまとめていきますよ。

サイズはリアルを意識

  • 横幅:約30センチ
  • 縦幅:約25センチ
  • 高さ:約18センチ
  • 重量:約1000グラム

ウレタンヒップのサイズ、重量はそれぞれこんな感じになっています。

手元に定規などがあれば測ってみることで大体のサイズ感が分かりますよ。

この中にオナホを入れるということで大きめのサイズになっており、収納場所に苦労するかもしれません。

あまりスペースを用意できない人は事前に考えておくといいでしょう。

素材は固めのウレタン

この素材は名前の通りウレタンで固さは反発があってある程度固め。

手で持って腰を振ることを想定してるのでガッとつかめるようになってます。

枕でよく使われる低反発なウレタンとは真逆の性能ですね。

サイズが実際のおしりとそっくりなのでパンツなどを履かせれば手触りもかなりリアルになってきます。

ウレタンヒップに使えるオナホ条件

そして次はこのウレタンヒップに対応しているオナホの条件の紹介です。

ウレタンヒップはお尻にある大きな穴にオナホをハメて固定化します。

なのでここが合わないと使えないんですね。

おそらく購入するうえではココが一番大事になってくるんじゃないでしょうか。

手持ちのオナホを使おうとしてる人、新しく新調しようとしてる人も必ずチェックしていってくださいね。

サイズは大きめのオナホも対応

  • 奥行:18.0センチ
  • 直径:7.0センチ

これがオナホを入れる穴の大きさです。

オナホを買う時は商品ページでそのサイズを確認して収まるかチェックしましょう。

ちなみにウレタンヒップに使える有名オナホはこんな感じ。

どれにしようか迷ってる人はこの中で合いそうなものを探してみるといいでしょう。

ちなみにサイズが小さいものはタオルを巻いたりして隙間を埋めれば使えるようになるので安心してください。

こんな感じで。

なのでハメるオナホは小さい物より大きすぎないかを気を付けるようにしましょう。

実際にハメてみた

買ってみたので早速手持ちのオナホをハメてみました。

ハメたのは最近人気の温泉欲情2。

温泉欲情2を実際に買ってレビュー!【旧作との違いなど】
今話題の温泉欲情2を購入してレビューしてみました!どこが気持ちいのか、何が特徴なのか、旧作との違いは何かなど感想を交えて紹介しています。買う前に使用感を掴みたい人はぜひ参考にしてください!

結構大きいサイズなんですがハメてみると…

ピッタリでした!

温泉欲情2の大きさは縦16センチ×横8センチ

このくらいの大きさのオナホだとこんな感じになるということで参考にしてください。

ウレタンヒップを実際使ってみてレビュー!

ということで上の温泉欲情2を使ってウレタンヒップを使ってみました。

  • 腰振りオナニーは良好!
  • 掃除がとても簡単で助かる
  • 裂けやすい部分もある

使い心地としては大体こんな感じ。

個人的には結構いい感じでしたよ。

腰振りオナニーは良好!

まず結論から言うとウレタンヒップのオナニーはかなりよかったです!

良かったポイントは、

  • しっかり腰振りで気持ちよくなれる
  • 最後まで腰振りオンリーでイケる
  • セックスしてる感がある

このあたり。

こういうグッズでは腰振りじゃなかなか気持ちよくなれないケースもよくあります。

なので結局最後の方は手で扱いてフィニッシュ、ということがお決まりのパターン。

ですがウレタンヒップはしっかり腰振りだけで気持ちよくなることができました。

これだけサイズが大きいので安定感が抜群なんですよ。

オナホもすっぽり入って抜けることがないのでこのお尻と一体化してます。

こういう点から使いやすさ、使い心地に関しては文句なしです。

セックスしてる感がある

あと単純に大きさ、形がとてもリアルなので視覚的な興奮もあります。

腰の反り具合とか色、サラサラの手触りとかかなりいい感じです。

購入するまでそこまで気にしてなかったんですがいざ触ってみるとこの辺りもかなり大事。

本物のセックスも快感より視覚効果が大きいといわれるようにいい感じで興奮できました。

腰を引き付けるようにして強くピストンするとパンパン音がするのが個人的に大好きですw

若干滑るかも

ただちょっとウレタンヒップの底が滑るかもしれません。

特に滑り止めとかはありません。

ツルツル素材じゃないので簡単に動くわけじゃないですが強く腰を振ると動きます。

なので気になる人はちょっと対策してみるといいでしょう。

  • ウレタンヒップの前に枕を置く
  • 滑りにくい机の上に置く
  • 重りを乗せる

これはあなたのピストン具合にもよるのでやってみて動くようなら対策する感じでいいかと思いますね。

掃除がとても簡単で助かる

オナニーが終わった後に思ったこととしては掃除の簡単さ。

ウレタンヒップ本体は一切汚れないので後処理が一切必要ないんですよ。

洗わないといけないのは突っ込んだオナホだけ。

これを取り出して洗うだけなので大型オナホ特有のメンテの面倒くささが一切ないんです。

大型オナホの最大のデメリットがないのはめちゃくちゃ助かりました。

大型オナホだとそのまま風呂場まで運んでシャワー使って…ということをしないといけないんですよね。

それが一切ないのは本当楽でした。

裂けやすい部分もある

ただウレタンヒップにはちょっと耐久面で難のある場所もありました。

それが穴の周辺。

DSC_0376

ここをグッと開こうとすると割と簡単に裂けます。

本体は上で触れたようにかなり頑丈に作られてるんですがこの穴周辺は別。

少し開こうとしただけで裂けるのでできるだけ触らない方が無難です。

オナホの出し入れ程度ではどうってことないんですが手で触るとダメですね…

こういう所から亀裂が入って破損につながるので購入した際は気を付けてください。

ウレタンヒップでできる体位・できない体位

ウレタンヒップを使えばオナホを固定して腰振りオナニーができるようになります。

そこで重要なのはどんな体位ができるのかという所。

  • 実際にできた体位
  • むずかしい体位とその特徴

僕自身購入前にやりたかった体位についていくつかまとめていきますよ。

できる体位まとめ

  • バック(後背位)
  • 立ちバック
  • 寝バック
  • 正常位

できる体位は大体こんな感じ。

バック系は大体網羅していますね。

立ちバックも椅子などで高さ調整すれば十分可能です。

正常位も裏返せばそれっぽい形になるので不可能じゃありません。

おしりの形がしっかりしてる上につかめるサイズ感、素材なのでバックの使い心地はピカイチです。

できない体位まとめ

  • 騎乗位
  • ロールスロイス
  • 屈曲位
  • 測位

この4つはかなりやりにくいです。

騎乗位はただ上に乗せるだけなのでやりやすそうですが本体の重量が軽いので刺激があまり来ません。

全てて力でやらないといけないので疲れるんですよね。

あとロールスロイスなどの手を持ったりする体位は物理的に無理です。

こういうやつですね。

腰以外つかめないのでこういう体位も無理だと思っておいた方でいいでしょう。

ウレタンヒップの口コミ評価

ウレタンヒップの使い心地を知るには実際に使った人達の声を聞くのが一番。

ということで口コミ評価を色々と集めてみましたよ。

  • ウレタンヒップのいい口コミ
  • ウレタンヒップの悪い口コミ

この両方をまとめました。

ウレタンヒップのいい口コミ

最高の腰振りオナニー器具ですね…!

腰をつかんで振る、っていうことができるのでVRとの相性も非常にいいです。

普段のオナニーとはまた違った楽しみ方ができてます。

自分のオナホで使えるか不安だったんですが全く問題なかったです。

小さいものは隙間を埋めれば使えるし、結構大きいものも余裕で入っちゃいます。

今まで使ってたオナホが大型オナホに返信するのはかなり快適です。

見た目、つかみ心地がかなりいいです!

実際にお尻持ってる感じがするのですごいエロいですね。

バック好きの方には最高のグッズなのでは?

全体的に、

  • 腰振り最高!
  • 使い心地がいい!
  • オナホが色々使える!

こんな口コミが多かったです。

他にも固定グッズはあるんですが中でもこのウレタンヒップはやはり高性能なようです。

値段も相まってコスパに関する口コミも多かったですね。

ウレタンヒップの悪い口コミ

滑り止めが甘いので腰を振ってる時に少しずつ前進してしまう。

ストッパーを自分で用意すれば大丈夫なんですが、次回作はその辺もしっかり作っておいてほしいですね。

もうちょっとお尻を高くしてくれると使いやすかった。

自分のやり方がまずいのかもしれないけど、このままだとちょっと寝バックの時とかやりにくいんですよね。

枕とかを毎回下敷きにするのも面倒だしバージョンアップを望みます。

悪い口コミでは、

  • ウレタンヒップへの要望
  • もっとこうしてほしい

というものが多かったです。

欠陥部分というよりはここをこうしてくれたらもっとよくなるのに…といったものが目立ちました。

どれも工夫次第で矯正できるものだったのでその辺りは購入者の許容範囲次第といった感じですね。

口コミ評価を総合すると…

これらの口コミ評価、評判を総合するとどっちの方が多いんでしょうか。

ということでウレタンヒップの口コミ全体の評価も紹介。

口コミが128件あって平均4.3の評価というのは中々高評価。

悪い口コミも紹介しましたが実はほとんどが高評価ということなんですね。

ウレタンヒップの販売店価格を比較

ウレタンヒップの購入を考えた時に気になるのが価格。

どこが一番安く売ってるかを知りたいところですよね。

ということでここではその価格を調査してみました。

販売店ごとに価格を比較

アマゾンNLS通販大魔王エムズ
価格(税込)なし4290円なしなし
送料なし590円なしなし
ポイント還元なし128円なしなし
合計なし4752円なしなし
ホットパワーズMANZOKUセール楽天
価格(税込)なしなしなしなし
送料なしなしなしなし
ポイント還元なしなしなしなし
合計なしなしなしなし

ということで販売店8店舗を比較した結果、最安値はNLSということになりました。

というかNLS以外ではどこも取り扱いをしてませんでしたね。

販売店の調査方法としては「快感増幅ウレタンヒップ 通販」と検索して出てきた10ページから抜粋しました。

この調べ方であれば大体の通販店を網羅できるので調査としては問題ないでしょう。

⇒ウレタンヒップの商品ページを見る 

NLSでしか売られてない理由

ちなみになぜNLSしか売られていないかというのはこのマークを見ると分かります。

これはNLSオリジナルの商品に飲みつけられるマーク。

ウレタンヒップは実はNLSが直接作って販売してる商品なんですね。

だからNLSでしか取り扱いがないというわけなんです。

最安値はもちろん、今後の取り扱いもNLS以外ではなさそうです。

ウレタンヒップのレビューまとめ

  • スペック:30センチ×25センチ×18センチ×1000グラム
  • 対応オナホ:18センチ(長さ)×7センチ(直径)
  • 対応体位:バック全般と正常位
  • 口コミ:評価は全体的に高め
  • 通販店:最安値および取扱店はNLSだけ

ここまでをまとめるとこんな感じになります。

他にもオナホ固定器具は色々ありますが値段とその性能を考えるとこのウレタンヒップがトップかなと思います。

手軽に腰振りオナニー始めてみたい人の入門用としては最適ですよ!

⇒ウレタンヒップの商品ページを見る

コメント